ホーム»レイアウト編 » おしゃれ部屋レイアウト集

背の低い落ち着いたトーンの家具を配置し空間を有効活用

お部屋レイアウトレンガ調の落ちつた色とフローリング家具が非常に統一感があってレイアウトの見本のようなお部屋です。ポイントは、部屋の四隅に照明を配置している点と背の低い家具を利用して、上方の空間を広く大きく使っている点です。大きな窓も採光が良くとても部屋が大きく見えますよね?部屋が狭い場合は、背の低い家具を使うこと。そして落ち着いた色合いで統一感を持たせるという事が大切です。

 

カラフルな色使いの妙

1Roomや1Kタイプの部屋でもっとも多いのが「白い壁」のお部屋。レイアウトを考える場合、白はどんな色とも相性が良いので、一番簡単ですが、一番難しくもあります。というのも、いろいろな色を利用することで、部屋の統一感がなくなってしまうからです。左の画像は、色使いがとても上手な例です。明るい色を積極的に利用して、とても明るい雰囲気、清潔感が伝わってきます。暗い色は、この場合、使わないほうが良いかもしれません。もし、自分の部屋に白が多く使われている場合は、積極的にカラフルな色を取り込んで見るのもいいかもしれませんね。

 

同じ白いお部屋でもこちらは抑えめ

上記のお部屋に対して、こちらは、白以外には、色をあまり使わず、白を積極的に見せているお部屋の例。レイアウトも、無駄な家具は配置せずに、とてもシンプルです。利用している色も、実は5色程度ととても少ないですね。色を抑えると部屋の印象がぐっとシャープに引きしまって、モダンでおしゃれなイメージになります。レイアウトやインテリアどうしたらいいかな?という人は、ぜひ、利用する色数を抑えてみてください。とてもモダンな印象の部屋になると思います。

 

壁を有効利用するコツ

おしゃれな壁に並べられた写真がとても綺麗で清潔感のあるお部屋ですよね?間接照明と観葉植物もとてもおしゃれです。ちなみにこの壁は、壁紙を貼っただけのもの。実際の木を利用しているわけではありません。今、デザイン壁紙というものがネットやLOFTや東急ハンズなどで販売されいるので利用すると良いですね。小気味の良いリズムで並んでいる写真もさることながら、このリズム感を演出しているのは、実は、その下にあるローテーブル。このように下に背の低い家具を利用することで、上空の空間を上手にさりげなく演出しているのです。天井があまり高くないよ・・・というお部屋の場合、とても役立つインテリアレイアウトの方法ですので、真似してみると良いかもしれませんね。