ホーム » 入退去編 » 退去時の原状回復義務について

原状回復について

なにかとトラブルも多い賃貸の原状回復。トラブルを防ぐために国土交通省がガイドラインを制定しています。

明け渡しの際に借りた時の状態に現状復帰する義務

借りている人は契約終了時に、貸している人に対して明け渡しの義務を負っており、ただ明け渡せば良いというわけではありません。

 

普通に生活することで生じた自然磨耗分については負担する必要はない

テレビや冷蔵庫を置いてできた壁紙に黒ずみ(電気焼け)生活に必要なものだから、それを常識の範囲の位置に置いて黒ずみができたとしても、家賃を取っている大家さんが負担すべきとしています。

 

壁紙の日焼けや家具を置いて畳がへこんだ

自然消耗にあたるので負担の義務はありません。


全体のハウスクリーニング

退去時にきれいに掃除をすることはマナーとして大切ですが、ハウスクリーニングの義務はありません。


自己負担しなければならないもの

では、どういう場合が自己負担の対応になるのでしょうか?以下で見てみたいと思います。

 

飲み物等をこぼしたことによるシミ・カビ

こちらもすぐに拭くなど対策をとれば防げるものです。シミを作ってしまえば負担する形になります。


床に傷がついたり表面がはく離したりして、フローリングの補修が必要となった場合

こちらもすぐに拭くなど対策をとれば防げるものです。シミを作ってしまえば負担する形になります。


壁に画鋲を刺した

この程度であるならば、実は負担する必要はありません。釘などで壁に穴を開けた・・・というレベルになると話は変わってきます。


タバコのヤニ

タバコのヤニによる汚れも実は、対象外。クリーニングで除去できるものは、通常損耗とされ大家さん負担となります。除去できない場合、交換する部分を借主が負担。また、クロスの対応年数は6年とされており、減価償却により借主の負担が減るようになっています。