ホーム» 入退去編 »クロス(壁紙)の修理負担は?

クロス(壁紙)の修理負担は?

皆さん、退去の時は、意外と管理会社の人の言いなりになってしまっているようです。「きっちり敷金内で収めますから!」なんて、うまいこと言われて・・・しかし、実際はかなり違います。殊に、壁紙のクロスについては、かなり間違った認識をされているようです。汚してしまったから仕方ない・・・3年も住んだから仕方ない・・・。しかし、現状は違います。ここでは、クロス(壁紙)などの負担費用の計算方法をご紹介します。実は、全額を負担する必要がない場合が多いのです。通常、壁紙の張替えには、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では「経過年数」を取り入れるようにしています。

簡単に解説すると「新品から何年経っているか」になります。

新築時の壁紙の負担割合は当然100%ですが、1年、2年と経つうちに、負担割合は減っていき、最終的には6年で1円となります。右の表に基づき、退去者であるあなたのクロス(クロス)壁紙の負担割合や負担金額が決まってきます。
縦が負担割合、横が経過年数となっております。
当然、新築時(0年)の負担割合は100%で、6年目で1円です。(0円ではありません。)

クロス(壁紙)の修理負担は?

皆さん、退去の時は、意外と管理会社の人の言いなりになってしまっているようです。「きっちり敷金内で収めますから!」なんて、うまいこと言われて・・・しかし、実際はかなり違います。殊に、壁紙のクロスについては、かなり間違った認識をされているようです。汚してしまったから仕方ない・・・3年も住んだから仕方ない・・・。しかし、現状は違います。ここでは、クロス(壁紙)などの負担費用の計算方法をご紹介します。実は、全額を負担する必要がない場合が多いのです。通常、壁紙の張替えには、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では「経過年数」を取り入れるようにしています。

まとめ

このように、退去時の壁紙については、全額負担する必要はまったくない!ということを認識してください。もし、この点でトラブルになるようでしたら、契約書をまず確認。壁紙の張替えについての記載が無いようでしたら、この概念が当てはまる場合が多いので、是非、参考にしてみてください。「部屋を汚しちゃったから仕方ない・・・」などと無駄に妥協することはありませんよ。